イメージ画像

バイラルコンテンツとは

バイラルとは、ウィルス性を指すマーケティング用語のことで、商品やサービスが消費者の評判と口コミによって、自然に広げる戦略のことです。

つまり、バイラルコンテンツとは、「面白い」「役に立つ」という口コミによって、自然に紹介される(リンクをされる)コンテンツのことを指します。


ペンギン後のSEO対策

2011年4月25日にGoogleが発表したペンギンアップデートによって、インターネットの景色がガラリと変わりました。自作自演のリンク、有料リンクを購入していたサイトが圏外もしくは順位を大幅に下げました。正直に言えば、僕のサイトも一部でかなりの影響を受け、収入も落ちてしまいました。

つまり、Googleが作為的なSEOの取り締まりをより厳しくしたのです。これからはブログを大量に作成して自作自演のリンクを貼る方法も通用しません。もちろん、有料リンクもGoogleに発見されます。小手先のテクニックでの上位表示が難しくなったのです。今こそアクセスUPの手法を考え直しましょう。

具体的にはホワイトハットSEOをしましょう。Googleのガイドラインに忠実なSEOという意味です。自作自演のリンクは一切貼らずに、有料リンクも買わない。"本当に"自然に貼られるリンクのみによってアクセスを集めるのです。


バイラルコンテンツでナチュラルリンクを集めよう

さて、具体的にはどのように「キレイなリンク」を集めるかということです。結論から言えば「ユーザーに本当に役立つコンテンツを作り、ソーシャルブックマークやソーシャルネットワークで露出する」という方法です。例えば、まとめ記事を書いてはてなブックマークで人気記事になると自然なリンクがたくさん集まります。Google+やFacebook、mixiでも同様の現象が起きます。

オススメは「まとめ記事」ですが、とっておきの秘策があります。「Flashゲーム」を作ることです。例えば、ダイエットがテーマのサイトであれば、ダイエットの「クイズゲーム」を作成してみてはどうでしょう?ゲームであれば、ネット上でも広まりやすいです。もちろん、自然なリンクが集まります。

クイズゲームは、ツールを使用することで簡単に作成できます。例えば、イージークイズメーカーというツールを使えば、Flashの知識がなくてもゲーム制作が可能になります。このようなゲームをサイトに設置して、ソーシャルメディアで露出しましょう。ユーザーさんを積極的にWebサイトに巻き込むのです。


ちなみに、この手法は京都のSEOコンサルである松尾茂樹氏の手法です。松尾氏はこれまでに多くのバイラルコンテンツを作成されてきました。以下で、松尾氏が手がけたバイラルコンテンツを紹介するので、ぜひご覧ください。




■管理人がアフィリエイト月50万円稼げるようになった教材。

ライバルサイトとまったく戦わずに稼ぐ手法です。

 


このページの先頭へ