イメージ画像

ユーザービリティー

ユーザービリティーは、日本語に直すとユーザーの利便性という意味です。

簡単に言えばサイトの見やすさという意味ですが、僕はユーザービリティーは収益に関係すると考えています。

もちろん、一個人の仮説に過ぎませんから、以下は話半分に聞いて下さい。

リピーターの多いサイトを作ればアクセスは安定する

アドセンスの命はアクセス数です。したがって、リピーターが多ければ多いほど有利となります。実際、クリック率は一見さんの方が高いですが、リピーターさんがクリックしてくれない訳ではありません。つまり、どうせなら、1回きりではなく、何度もお付き合いしたい訳です。一般の商売でも同じです。


さて、それでは、具体的にどのような工夫をすればユーザービリティーを確立できるのでしょうか?簡単で効果が大きいのが記事に画像を添えることです。

テキストだけのコンテンツと、画像も添えられたコンテンツ、あなたはどちらが読みたいでしょうか?単なるサイトの雰囲気だけではなく、テキストだけがずらっーと並んでいるだけのサイトでは直帰率が上がります。一方、画像も添えられたキレイなデザインのサイトでは、直帰率が下がる傾向になります。

推測するに、テキストだけのサイトが多数派だからです。ユーザーからすれば「おっ!しっかりしたサイトだ」と好印象を持つのです。皆さんもインターネットでサイトを閲覧する際は、同様の判断を無意識に下しているはずです。


また、情報の探しやすさも重要です。例えば、血圧を下げる食べ物が知りたいのに、該当する記事がなかなか見つからない。ユーザーはストレスを感じるとツールバーで検索して、他のサイトへ移動してしまいます。したがって、左サイドバーに検索ボックスを設ける、関連記事を記事下に設置するなどの工夫をしましょう。結果として、ユーザーの離脱率を下げることが出来るのです。

最後に、わかりやすい記事を書くこともユーザービリティーになります。専門用語だらけの記事を作ってはいけません。小学生でも理解できる、わかりやすい文章を作成するのを目標にしましょう。わかりやすさを心がけるだけでページビューが目に見えて変わってくるので、記事作成にも注意を払いましょう。



■管理人がアフィリエイト月50万円稼げるようになった教材。

ライバルサイトとまったく戦わずに稼ぐ手法です。

 


このページの先頭へ