イメージ画像

初期投資と1サイト当たりの費用

まず必要なのは、レンタルサーバーとドメイン、ホームページテンプレートです。逆に言えば、これだけでOK。

無料ブログからデビューする考え方もありますが、あまりSEOに強いとは言えませんし、なにより運営に削除される恐れがあります。正直薦めません。


また、ネットビジネスで成功しようと考えているなら、初期の段階で独自ドメイン運営をしましょう。やはり独自ドメインでhtmlやwordpress、MTで展開する方が断然有利です。無料ブログでちまちまやるのはオススメしません。

どうしても無料ブログで始めたい方は、既存のテンプレートをカスタマイズして使用しましょう。既存のテンプレでは、タイトルタグやH1タグに日付が挿入されるなどSEO的には弱いです。カスタマイズは以下のサイトに詳しいです。

■外部サイト⇒Seesaaブログをホームページ風にカスタマイズ!

レンタルサーバーはマルチドメインタイプを選ぼう

Webサイトをネットで公開するにはサーバーが必要です。いろいろなサーバーがありますが、マルチドメインタイプのサーバーを選びましょう。マルチドメインとは、簡単に言えば、ドメインを1個、2個、3個・・・と追加できるということです。マルチドメイン非対応のサーバーでは、新サイトを作成するのに新しくサーバーを借りなくてはなりません。余計な費用が掛かるのです。

オススメはエックスサーバーです。エックスサーバーはマルチドメインタイプです。費用も月額1000円程度です。年間1万2千円程度です。一度まとめて払えば、1年間使えます。動作も安定しており、レスポンスも速いです。

ちなみに、アドセンス可の無料サーバーもあります。ZUMICというサーバーで、運営側の広告も表示されません。ただし、僕は使ったことがないので、実態は分かりません(笑)。怪しくはないようです。自己責任でご利用下さい。

ドメインは年間980円程度

ドメインは、ムームードメインなどで年間980円で購入できます。infoドメイン、netドメインなどが安いです。一方、jpドメインは高級ドメインで割高です。infoでもnetでもcomでも、SEO上の強さは変わらないので、安いドメインを買いましょう。僕はムームードメインでinfo、net、comを購入しています。

ちなみに、一時期、日本語ドメイン-英語のドメインではなく「日本語.com」という文字通り日本語のドメインのこと-がSEOに強いと騒がれましたが、僕の印象ではそこまで強くありません。買う必要はなしです。また、海外の会社でドメインを購入すると割安ですが、管理画面が日本語に対応していない場合が圧倒的多数で、購入後に戸惑うことになります。また、移管の手続きやトラブルがあっても、英語が堪能でなければ対応できないのでオススメしません。

無料テンプレートか?有料テンプレートか?

htmlサイトやwordpress、MTでサイトを作成する際は、SEO対策済みのテンプレートを使用した方が有利です。無料でもSEO対策済みのテンプレートはあるので、お金をかけたくない方はそちらを使用しましょう。「無料 SEO対策済みテンプレート」で検索するとたくさんヒットするので探してみましょう。


ちなみに、このサイトで使用しているのは「賢威」という有料テンプレートです。京都でSEOコンサルティングをされている松尾茂樹さんが作成されたテンプレートで、スイスイ上位表示します。アフィリエイターにはお馴染みの定番テンプレです。

松尾さんの著書であるWordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアルの付録として「賢威ライト版」が収録されているので、興味のある方は試してみると良いでしょう。松尾さんのブログも大変参考になりますよ。

ちなみに、賢威は24,800円で、他の有料テンプレもだいたい同じくらいの価格です。したがって、有料テンプレートを使用するなら2万~2万5千円の費用はかかります。無料で済ませるなら、MTやWordpressのデフォルトのテンプレートを使用すると良いでしょう。もちろん、上位表示は可能です。


Google、"リンク表示義務付きテンプレート"のリンクもガイドライン違反

前述の無料テンプレートですが、配布者のサイトのリンクが記述されているものが多いです。違反で罰せられるのは配布者のようですが、今後どうなるか分からないので、利用しない方が安全です。違反に関わることになりますから。



■管理人がアフィリエイト月50万円稼げるようになった教材。

ライバルサイトとまったく戦わずに稼ぐ手法です。

 


このページの先頭へ