イメージ画像

サイト作成の手順

ネットビジネス初心者の方は、Webサイトを作るにあたって、いったい何から手をつけるべきか悩んでいるでしょう。

以下で、サイト制作の全体の流れを示してみました。ぜひとも、スムーズなアドセンスサイトの作成にお役立て下さい。僕もこの通りサイト作成をしています。


(1)企画書を作成する

頭の中の漠然としたイメージだけでサイト作成に着手してはいけません。サイトの細部に至った際に「どうしよう?」と手が止まってしまいます。したがって、事前にサイト企画書を作成しましょう。企画書に記載するべきなのは、

サイトテーマ、サイトのターゲットなるユーザー、ユーザーが求めているもの、ユーザーに提供するもの、サイトの構成(2カラム、3カラム)、ターゲットキーワードの月間検索回数、ターゲットキーワードでの競合の有無とパワー、独自コンテンツの内容などです。これらを紙に具体的に書くのです。

そうすると漠然とした完成イメージがより具体化されるのです。また、サイト作成後の管理にも使用できます。サイトを10個、20個と作成していくと、どうしても昔のサイトは忘れます(笑)。知らない間に、順位下落していたことがしばしばありました。しがって、企画書はサイトの管理にも役立つのです。


(2)テンプレートを用意する

既に愛用のテンプレートがある方は読み飛ばして下さい。初心者の方のなかには、まだテンプレートを持っていない方もおられるでしょう。別ページ「アドセンスのテンプレート」にてアドセンスに最適なテンプレートを紹介しております。サイトのデザインを決める大切なプロセスなので慎重に選びましょう。

ちなみに、当サイトは賢威というSEO対策済みテンプレートを使用しております。デザインも気に入っていますし、スイスイ上位表示してくれます。当サイトでもイチ押ししているので、興味のある方はレビュー記事をご覧下さい。


(3)ドメインとサーバーを用意

こちらも既に用意されている方は、読み飛ばして下さい。ドメインはムームードメインでの取得がオススメです。海外のドメイン会社で安く取得できますが、日本語に対応していない場合もあるので、正直オススメできません。

移管の手続きの際に、僕も苦労しました。サーバーは、マルチドメインタイプのサーバーを選びましょう。これは絶対です。マルチドメインというのは、ひとつサーバーを借りれば、ドメインを1個、2個、3個・・・と複数のドメインを登録できるという意味です。簡単に言えば、複数サイトで展開できるサーバーという意味です。ドメインを登録するのに、いちいち追加料金が発生するサーバーや、そもそもマルチドメインに対応していないサーバーはNGです。


(4)コンテンツを作成する

サイト作成の中心的な作業です。サイトに掲載する記事を作成します。自分で記事を作成する方はここが頑張りどころ。外注化をする方は、納品された記事を随時アップしましょう。画像やイラストを添えると充実感のあるサイトになります。力のいれどころです。動画を作成して、コンテンツとして掲載するというのも良いでしょう。ユーザーの役に立つ有益なサイトを作成しましょう。


(5)デザインを調整してアップする

記事作成が完了したら、全体的なデザインを見直して下さい。改行がされていなかったり、レイアウトが崩れている点はありませんか?また、サイトのデザイン性を高めるために出来ることはありませんか?トップページの上部にデカデカとサイトの特徴を画像で表現する手法はオススメです。全体のデザインを微調整したら、ついにアップロードです。以上、サイト作成の手順でした。



■管理人がアフィリエイト月50万円稼げるようになった教材。

ライバルサイトとまったく戦わずに稼ぐ手法です。

 


このページの先頭へ