イメージ画像

SIRIUS(シリウス)のデメリット

残念ながらシリウスにもデメリットはあります。シリウスのデメリットはSEO対策機能です。具体的には、被リンク自動獲得 機能・リンク集自動登録 機能の2つです。なぜなら、Googleにスパム判定をくらう可能性があるからです。

2012年4月25日に、Googleはペンギンアップデートを行っていたと公式発表しました。ペンギンアップデートが取り締まるのは有料リンク、過剰な相互リンク、自作自演リンクなど、ディレクトリ型のリンク集などのリンクです。

いわゆるブラックハットSEOを取り締まるアップデートです。大打撃を受けたサイトも少なく、大変なニュースになりました。僕の所有しているサイトでも大幅な順位下落、圏外になったケースがあり、実際に売り上げも減りました。


Googleは頭が良くなってきています。バレないだろうと思っていても、僕もバレてしまいました。自作自演は危険です。

さて、シリウスに話を戻しましょう。シリウスの被リンク自動獲得機能は、シリウスユーザーのサイト同士でリンクをランダムに貼り合うリンクファームです。


確かにバレづらいかもしれませんが、リスクは伴います。また、リンク集自動登録機能も同様の理由でリスクが伴います。理由は簡単で、今回のペンギンでYomi-Searchなどのリンク集に登録していたサイトのなかには順位が大幅に下落したサイトがあるからです。つまり、シリウスのSEO機能はペンギン以降にリスクが高まったのです。ペンギンでSEO業界全体がひっくり返りました。

おそらく、開発者の柳井さんはもちろん、誰もこのようなことを想像すらできなかったと思います。もちろん、僕もここまで世界が一変するとは思いませんでした。SEO対策を根本から考え直す時期にきているのではないでしょうか?

したがって、僕が考えるシリウスのデメリットはSEO対策機能の一部がリスクを伴っていることです。ただし、シリウスのテンプレート自体は内的SEOに優れています。賢威ほどではありませんが、その他のテンプレートより上がりやすいです。したがって、シリウスはあくまでツール目的で購入するべきであって、SEO目的での購入は控えるべきです。勿論、ツールとしては最強です。



■管理人がアフィリエイト月50万円稼げるようになった教材。

ライバルサイトとまったく戦わずに稼ぐ手法です。

このページの先頭へ