イメージ画像

リライト記事は使わない方がよい

リライト記事とは、業者から購入する記事のことを指します。しかし、この記事は1人だけに売られているのではなく、複数人に売られています(おそらく数百人単位)。したがって、そのまま使用するとコピーコンテンツとみなされ、アドセンスから「コンテンツ不足」の警告がきてしまいます。ジ・エンドです。

そのため、リライトが必要になるのですが、多くの場合、語尾や単語を変えるだけでアップロードしてしまい、警告を受けるケースが目立ちます。そのため、リライト記事を参考にして全面的に書き直すのが安全でしょう。

しかし、ここからは考え方ですが、それぐらいなら初めから外注すれば良いのではないでしょうか?警告の恐怖に怯えるより、よっほどマシです。行きはよいよい、帰りは怖い、とはこのことです。爆弾を抱え続けるのは健全ではありません。


最近のグーグルは解析力が向上しています。某SEOの専門家いわく、例えばダイエットというテーマで成功しました。そうすると調子にのって、もう一つのダイエットサイトを作ります。しかし、2つ目のサイトはなかなか上位表示しません・・・実は、同一人物が同じテーマで記事を作成すると、内容が似てくるので、コピーサイトとしてみなされるからです。グーグルは見抜くのです。

外注ライターさんに書いてもらえれば、似たり寄ったりの記事ではなく、オリジナルの記事が作れます。もちろん、そのまま使えるので神経を使わなくて済みます。コピペをして終了です。おそらく、あまり金額も変わらないので、安全を第一に考えるのであればリライト記事は利用しない方が賢明なのです。



■管理人がアフィリエイト月50万円稼げるようになった教材。

ライバルサイトとまったく戦わずに稼ぐ手法です。

 


このページの先頭へ