イメージ画像

成功するための外注化

記事を書くのは骨が折れることですね。50記事書くとしたら1か月はかかるかもしれません。正直、僕も苦痛でした。

しかも、そのサイトが外れると結構つらいですね。


時間の損失にもなります。そこで、提案したいのが「外注化」です。人を雇って記事を書いてもらいます。

初心者にありがちなのは「人を雇うのは、成功してからにしよう!」という考え方です。逆です。いきなり人を雇わないと、成功するのは難しいのです。


僕はこの点を間違えました。外注化を始めたのはアフィリエイトに移行してからです。今思えば、初めから記事の作成を外注化して、自分は「サイト企画」「サイト作成」「SEO」にのみ専念していれば、短期間で成功したはずです。

外注の相場ですが、500文字以上で1記事だいたい120円~150円。50記事書いてもらっても、6000円~7500円です。飲み会を1~2回我慢すれば、立派なアドセンスサイトが出来上がるのです。すごいですよね。


@SOHOというサイトには、記事作成の仕事が欲しいライターさんがたくさんいます。彼らの力を借りれば、決して高くはない金額で、立派なアドセンスサイトを作れるのです。自分は「サイト企画」をやり、Excelにキーワードを書いたシートを外注に渡し、納品された記事をサイトとして組み立てるだけです。

結論です。アドセンスで成功するには、いきなり社長になることです。もっとも、ライターさんを外注化として雇うには、社長になる必要はありません。個人と個人で契約するので面倒な手続きはありません。契約書1枚で雇うことが出来ます。「外注化は難しい」とは単なる先入観であって、敷居は低いです。



■管理人がアフィリエイト月50万円稼げるようになった教材。

ライバルサイトとまったく戦わずに稼ぐ手法です。

 


このページの先頭へ