イメージ画像

クリック率の高いキーワードの見つけ方

クリック単価の高いジャンルを狙うのがアドセンスで稼ぐための鉄板です。まったく異論はありませんがクリック率の良い「ジャンル」も狙い目です。

当たり前ですが、それではクリック率の良いジャンルとは一体どこでしょう?答えは「ピンチ系ジャンル」です。ピンク系ではありません、アカウントを停止されてしまいます(笑)。さて、ピンチ系のキーワードを具体的に挙げると「無職」「失業」「雇用保険」「リストラ」「解雇」などがあります。

見るからにピンチな感じですが、このようなキーワードで検索する方は、追い詰められているのです。つまり、情報に対する欲求がかなり強いのです。


一方で、欲求が弱いのがプラスアルファ系です。こちらも僕の命名ですが、代表的なのはアパレル系のキーワードです。人間、確かにオシャレはしたいものですが、絶対にしなくてはいけない理由はありませんね。デートの前ならともかく、あればいい程度で、決して高い欲求とは言えません。この違いが大事。

「リストラ」で検索している方は、今すぐにでも仕事を見つけなくてはなりません。一方、「男性ファッション」で検索している方には、それほど緊急性はありません。前者をニーズ、後者をウォンツと呼びます。実は、これはアフィリエイトで大切な考え方ですが、アドセンスも広告なので、応用範囲です。


僕の所有しているサイトでクリック率が高いのは、たいていはニーズ系(ピンチ系)です。前述の通り、情報への欲求が高いからです。一時期、アドセンサーが「キャッシング」というジャンルで激戦を繰り広げていました。これはキャッシングにズバリ「ピンチ系」の要素があり、かつ、高単価だからです。

クリック率が低くて悩んでいる方は、ピンチ系を狙いましょう。単価が低くてもクリック回数が圧倒的に多いので、1サイトで1万円はザラに稼げます。

理想的なのは高単価でピンチ系ですが、まずはクリック率のみを狙うのも選択肢としてなくはないです。クリック率が1%になることも少なくないです。



■管理人がアフィリエイト月50万円稼げるようになった教材。

ライバルサイトとまったく戦わずに稼ぐ手法です。

 


このページの先頭へ