イメージ画像

アドセンスの情報商材を買わなくて良い理由

アドセンスに必要なことは、このサイトにすべて書いてあるからです(笑)。

ウソです。いや本当ですが、たいてい、買う価値のあるアドセンス商材はあまりないからです。

 

元ノウハウコレクターなので、この点はよく分かります。商材の販売者には申し訳ないですが、たいていはインターネットで読める情報か、書籍の焼き増し程度です。一部、素晴らしいアドセンス商材(後述)もありますが、ほとんどは高額な値段に見合いません。毒舌ですが、事実です。

僕なりに考えたのですが、そもそもアドセンスはサイトを作成して広告を貼るだけです。ジャンル選定やサイト作成にはコツがありますが、それ以上の要素はあまり見当たりません。ジャンルで勝負が決まっている印象です。つまり、そもそものノウハウの幅が狭いのではないでしょうか?(持論ですが)。

したがって、商材の内容も似たり寄ったりになりやすいのでは?・・・と僕は考えています。これがアフィリエイトだと事情は違ってきます。アフィリエイトはメルマガやWebサイト、アメブロ、Facebook、スマートフォンなど、かなり幅が広いのです。したがって、商材の価値も必然的に高まります。

 

しかし、アドセンスはネタになるとしたら、クリック率を高める方法か高単価のジャンル、記事の書き方ぐらいです。幅があるとしたらモバイルかスマートフォン程度です。あくまで持論ですから、怒りのメールはやめて下さい(笑)。

さて、結論です。アドセンス商材を買わなくてよい理由は「アドセンスで成功するにはごくごく基本的なことをこなすだけでよく、そのため、価値ある情報商材が現れづらい背景があるから。」というのが問への答えになります。

 

また、そもそもアドセンスで稼いだ方は、さっさとアフィリエイトに移行するのがフツーです。なぜなら、アドセンスにはアカウント停止というリスクがつきまっているからです。アカウントをはく奪されれば、次の日から0円です。

僕の知人にアドセンスで月50万円稼いでいた男がいましたが、ある夏に、ログインしたら、アカウントがなかったそうです。アカウント停止ですね。彼は見事にアフィリエイトで復活しましたが、このようなリスクがあるため、ある程度稼げたらアフィリエイトで戦うのがセオリーです。つまり、アドセンスを極めずにアフィリに変えるのです。僕も月8万円でアフィリにしました。

 

これらの理由から、アドセンス商材は個性が出づらく、画一的になりやすいのでは?というのが僕の推論です。最後にもうひとつ。なぜ、このような批判をしたかというと、ノウハウコレクターにならないで欲しいからです。

僕は情報商材に50万円は使いました。「稼げないのは稼げる情報を知らないからだ!」という心理状態になり、次から次へとアドセンス商材やアフィリ商材を買い歩いた経験があるのです。今思うと、50万円を使って、外注さんを雇ってサイトを大量生産し、すぐに月5万円くらい稼げたはずです。

ということで、アドセンスの情報商材を買いまくるのはやめましょう。「これだ!」と思った商材に決めて取り組むべきです。もちろん、このサイトを参考にして取り組んでも良いでしょう。結果は保証しませんけどね(笑)。

 

僕が参考になったアドセンス商材

冒頭で述べた「一部の素晴らしい情報商材」ですが、以下になります。

まず、価格が1,000円とリーズナブル。そのうえ、内容が充実しており「アドセンスの始め方」「サイトの作り方」「SEOのやり方」「外注の募集と動かし方」など、アドセンスで稼ぐために必要なことはすべて網羅されています。

正直、すでに稼いでいる方には、あまり必要ないでしょう。しかし、入門用としては最高なので、ビギナーの方にはピッタリ。価格1,000円でアドセンスを学べる上、購入後の売り込みも(確か)ないので、良心的でもあります。



■管理人がアフィリエイト月50万円稼げるようになった教材。

ライバルサイトとまったく戦わずに稼ぐ手法です。

 


このページの先頭へ