イメージ画像

SEOマニュアルのレビュー



上位表示しやすいサイトが作れるようになる。


賢威には「外的SEO」と「内的SEO」の2冊のマニュアルが付属しています。内的SEOマニュアルでは、Googleウエブマスター向けガイドラインを忠実に守った手法を伝授。製作者の松尾さんが5年間のコンサルで培ったノウハウが凝縮された濃~いノウハウ。僕の知る限り、日本で1番詳しいです(ホント)。

簡単に言えば、検索エンジンに親切になれる方法が分かるので、上位表示しやすいサイトが自然に作れます。最近の検索エンジンはコンテンツを重視するようになり、外部リンクの価値を下げつつあります。内的SEOの必要性が高まっており、Googleにどれだけ優しくなれるか?が重要なのです。



自然にリンクを貼られる"本当の"方法が分かる。


ユーザーから支持されて、自然にリンクが集まるコンテンツの作り方が学べます。「また、『ユーザーの役に立つ記事を書け』かよ!そんなことしても、ナチュラルリンクは集まらないって!」とのツッコミが聞こえそうです。しかし、このキレイごとのホワイトハットSEOを実現する具体的な手法が伝授されているのです。これが賢威SEOマニュアルの強み!


具体的な手法は、ナチュラルリンクが集まりやすいコンテンツを作り、ある場所でコンテンツを露出させます。もちろん、容易なことではありませんが、事実、松尾さんのブログはこの方法でナチュラルリンクを集めています。松尾さんのブログのhttp://www.seo-keni.jp/blog/で検索して下さい。良質な自然リンクが集まっていますね。このようなリンクの具体的な集め方が学べます。



ペンギンアップデート後の世界でも安心してSEO。


言うまでもなく、有料リンクの購入や自作自演のブログからのリンク、その他のブラックハット(悪質な)SEOの手法ではありません。

2012年の4月25日にGoogleはペンギンアップデートを行いました。

有料リンクや自作自演のリンクを貼っているブラックハットなサイトを検索結果から追い出しました。


■Yahoo!ニュース   Google「ペンギンアップデート」傾向と対策

恥ずかしながら、僕の所有しているサイトでも圏外に飛ばされたり、順位が大幅に下落したサイトがございます。正直言って、収入が激減してしまい、一時は眠れなくなりました。今後、Googleのアルゴリズムはますます進歩します。

ブラックハットSEOをしている限り、Googleにバレないか心配し続けなくてはなりません。僕は経験者だから言えますが、Googleに追われ続ける恐怖はフツーではありません。だから、改心しました。

賢威のSEOマニュアルは、ユーザーから自然にリンクを集める方法が解説されています。ペンギン後の世界でも安心してSEOが出来ます。Googleを敵に回すのは、もうやめましょう。


SEOに強い戦略的テンプレート「賢威5.0」!すべては売り上げを上げるために。上位表示の先を見据えた「SEOマニュアル」&「SEOテンプレート」。

【特典】当サイトから購入された方へ「外注化マニュアル」をプレゼント。

 

このページの先頭へ