イメージ画像

領収書は取っておこう!

僕のネットビジネス最大の過ちは領収書を保存していなかったことです。当然ですが、ネット収益に税金は発生します。

サラリーマンなど、本業がある方は年間20万円を超えると納税義務が発生します。主婦など、特に本業がない場合は年間38万円を超えると納税義務が発生します。確定申告の必要があります。


さて、僕が体験した悲劇をお話ししましょう。当時の僕はアドセンスやアフィリエイトで税金が発生するほど稼げるとは思っていませんでした。しかし、その後、240万円の所得が発生したのです。おまけに「確定申告?そんなの楽勝でしょ?OK♪」と構えていたので、領収書を保存していなかったのです。

結局、その年は経費をろくに計上することが出来ずに白色申告をしました。経費がないということは、まともに課税されるということです。したがって、所得税が10万円、住民税が20万円課税されることになってしまいました。

確定申告の詳細については割愛しますが、今現在アドセンスに取り組んでいる方は、早急に最寄りの税務署へと行き、青色申告申請書を提出しに行きましょう。また、ドメイン代やサーバー代、情報商材代の領収書は保存しましょう。

アドセンス・アフィリエイトの経費になるもの

以下が経費になるものです。領収書を発行してもらえる場合は、お金を払うときにもらいます。領収書が発行されない場合は、クレジットカードの利用明細銀行振込時の振込明細が領収書の代わりとなります。絶対に保存です!

  • プロバイダー料金
  • パソコン代
  • ホームぺージ作成ソフト・ツール代
  • アフィリエイト報酬の振込手数料
  • 家賃
  • 光熱費(この場合は電気料金)
  • ネットビジネス関連の書籍代
  • 情報商材代(書籍と同様に新聞図書費もしくは研修費となる)
  • セミナー参加費
  • セミナー参加時などのタクシー代・JR代
  • プリンターのインク代、用紙代

ダンゼン青色申告がオススメ!最大65万円の控除を受けられる

以下は、僕の平成23年度分の確定申告書の控えです。1年間の所得がだいたい500万円(大部分はアフィリエイト)で、経費を差し引いて、だいたい330万円(利益)となっています。気になる所得税は、だいたい20万円。

住民税は、だいたい所得税の2倍は来ます。したがって、24年度分に支払う税金は約60万円となります。まさに戦慄の恐怖!恐るべき税金!

さて、確定申告が未経験の方に申し上げたいのは、青色申告で申請しましょうということです。理由は簡単、最大65万円の控除が受けられるからです。

したがって、僕の場合ですと、65万円控除×所得税率20%=13万円で、13万円も税金が安くなったのです。これをやらない手はありませんね。青色申告を受ける条件は、青色申告申請書を提出し、複式簿記をつけることです。

専門用語を用いて大変恐縮ですが、会計ソフトを使えば複式簿記をつけることはそれほど難しくありません。帳簿-売上、経費などを記録するもの-を作れば、ワンクリックで必要な書類をすべて作成してくれます。これで問題なし!


会計ソフトを使いこなすには、最低限の会計知識が必要になるので、楽勝とまでは言いません。僕もそれなりに苦労しました。しかし、65万円の控除を捨てるわけにはいかず、年間所得300万円以上の場合は帳簿をつける必要があるので、どのみち避けて通れない道です。ビジネスだから、当然ですね。

まだ、税金がかかるほど稼いでいない方も、領収書の保存だけはしておいて下さい。将来、確定申告が必要になった際に自分を守ることになります。僕の二の舞を踏まないで下さいね。



■管理人がアフィリエイト月50万円稼げるようになった教材。

ライバルサイトとまったく戦わずに稼ぐ手法です。

 


このページの先頭へ