イメージ画像

アドセンスの審査を通過するためのブログの書き方

アドセンスのアカウントを作成するにはグーグルの審査を通過しなくてはなりません。ここで躓く人も多いです。

結論から言えば、フツーのブログに日記を10~15記事エントリーすれば、まず通ります。フツーの日記ブログです。私もこれで審査を1発合格しました。


審査が通りずらいのは、アフィリエイトサイトです。答えは簡単、広告が表示されているからです。アドセンスプログラムポリシーでは、他社の広告を表示することは禁止されています。簡単に言えば「アドセンス以外の広告は表示しないで下さい」ということです。Googleの立場からすれば当たり前ですね。

その他、審査に通りずらいサイトはありますが、割愛します。フツーの日記ブログを書けば通るからです。審査通過のポイントは以下の通りになります。


  • 発リンクを1件もしない。
  • 外部からのリンクも一切しない。
  • 広告はすべて削除する。
  • 10~15記事は投稿する。
  • 記事の日付を重複させない。

記事数が1つ、2つでは落ちる確率が高いです。5記事あれば、審査が通るという説が一般的なようですが、当サイトでは10~15記事を推奨します。
単純に、これだけ投稿すれば合格率が高まるからです。また、広告はいっさい表示させてはいけません。これは、実際にアドセンス広告を貼るときもです。

ブログサービスの広告を非表示にできるのは、Seesaaブログですね。僕もアカウント獲得の際には、Seesaaブログを使用しました。その他、記事の日付も重要です。おそらく、まとめて記事を書く方が多いはずですが、すべてのエントリーを「1月1日」とするのは危険です。いかにも、やっつけですからね。


どうしても、まとめて書く場合は、ブログの機能を使用して、日付を「1月1日、2日、3日」というように時系列にしましょう。これも必須事項です。

ちなみに、日記の内容ですが「フツーの日記」でOK。『近所のそば屋で月見そばを食べました。コシがきいて、最高においしかった』という内容で十分です。ただし、記事数は多めの方が良いでしょう。あくまで私見ですが、1記事400文字はあった方が良いでしょう。「そば屋に行った、月見そばが美味しかった」ではTwitterのつぶやきですね。あまりにも、やっつけですから。

新規アカウント作成

■アドセンス公式チャンネルより転載。Googleさんありがとうございます。


動画を見て分かる通り、申し込み時に「ウェブサイトのURL」が必要になるので、審査用ブログを先に作成する必要があります。ちなみに、万が一審査に通らなかった場合は、そのブログを2度目の審査で使ってはいけません。

申請自体は可能ですが、一度ペケがついているので、次回からの審査はさらに厳しくなるそうです。したがって、落ちたブログは使いまわさないのが賢明。



■管理人がアフィリエイト月50万円稼げるようになった教材。

ライバルサイトとまったく戦わずに稼ぐ手法です。

 


このページの先頭へ